『司書になった本の虫』早坂信子著(郵研社)

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

司書になった本の虫

『司書になった本の虫』

著者
早坂信子 [著]
出版社
郵研社
ISBN
9784907126469
発売日
2021/11/09
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

『司書になった本の虫』早坂信子著(郵研社)

[レビュアー] 金子拓(歴史学者・東京大准教授)

 昭和44年に宮城県図書館に司書として就職し、37年間勤めるなかで、著者は、紙の目録カードから、コンピュータによる新たな蔵書管理へと舵(かじ)を切る図書館の先頭に立つ。

 一方で出版文化史の研究者でもあり、江戸時代に仙台において蔵書を誰でも利用できるかたちで提供した青柳文蔵らの思いも受け継いでいる。

 文蔵の蔵書をもとに仙台藩が設けた「青柳文庫」は日本における公共図書館の先駆といわれる。「図書館は昔から寄付文化とともに歩んできた珍しい施設」だからこそ、受け入れる側はこれを守る責務がある。

 文蔵は「公廉詳密」(私欲なくけじめがあり行き届いてもれがない)な相手である仙台藩に蔵書を託した。その流れを汲(く)む図書館員たちは、戦時中必死になって蔵書の疎開に取り組んだものの、大部分は戦災で失われてしまった。

 著者はいう。図書館は「新たな出版文化の再生産の現場」だと。図書館は知の継承を担う大事な場所である。戦禍に見舞われている遠い国の図書館が無事でありますようにと祈りを捧(ささ)げずにはいられなかった。

読売新聞
2022年4月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加