『最期の声 ドキュメント災害関連死』山川徹著(KADOKAWA)

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最期の声 ドキュメント災害関連死

『最期の声 ドキュメント災害関連死』

著者
山川 徹 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784044006303
発売日
2022/02/16
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

『最期の声 ドキュメント災害関連死』山川徹著(KADOKAWA)

[レビュアー] 堀川惠子(ノンフィクション作家)

避難者の苦難 救えた命

 阪神・淡路大震災を取材してから数年、気になることが続いた。災害を生きのびた遺族らが病気や事故で亡くなっていく。先の見えぬ避難生活を苦に自死した人も。そんな不幸の連鎖が「災害関連死」と無縁でないと気づいたのは随分たってからだ。誰かの助けがあれば救えたかもしれない命。災害関連死は社会のありようを根源から問うテーマだ。

 災害のたび雑魚寝を強いられ、ストレスの多い避難所。その劣悪な環境は長く問題視されてきた。6年前の熊本地震では訪問看護師らが車中泊の人にまでエコノミークラス症候群の注意を呼びかけてまわるプッシュ型の活動を展開、災害関連死の防止に率先して取り組んだ。それでも関連死は直接死の4倍にのぼる。

 災害関連死に認定されると災害弔慰金が支給される。遺族の生活再建を応援するための制度だ。しかし市町村レベルでは認定される関連死を、現場から遠い県は「ストレスなら誰でもある」と数分の審査で却下する。遺族を救うための基準が、切り捨てる基準になっている。そんな理不尽な現場を著者は丹念に検証していく。

 災害は社会的弱者により深い傷を与える。ぎりぎりのところで踏ん張っている人たちはほんの一突きで崩れる。時間がたてば社会の関心は薄れ、人の目も手も届かなくなる。「甘えている」と自助を強いられ、孤立し、声もあげられない。申請主義の壁も高い。データに表れる犠牲は氷山の一角。そのデータすら保存期間がなく破棄されていく。安全地帯など、どこにもない災害大国日本。明日はわが身の話だ。「人々が暮らしを取り戻すまでが災害対応」との指摘に大きくうなずく。

 本書は重要な情報を地の文ではなく、登場人物の言葉でつづる。粘り強い取材を積み重ねた証だ。亡き人々の「最期の声」に真摯(しんし)に耳をすます書き手への信頼感が、厳しい物語を読み通す力を与えてくれる。

読売新聞
2022年4月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加