【気になる!】文庫『攘夷の幕末史』

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

攘夷の幕末史

『攘夷の幕末史』

著者
町田 明広 [著]
出版社
講談社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784065277508
発売日
2022/04/14
価格
1,012円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『攘夷の幕末史』

[レビュアー] 産経新聞社

従来、「尊王攘夷派」VS「公武合体派」という構図で捉えられてきた幕末史。だが当時の日本人はみな尊王であり、勝海舟や坂本龍馬ら開明的とみられる人物も含めて攘夷という点でも一致していた。

真の対立軸は、それをすぐに決行すべきだとする立場(小攘夷)と、国力を蓄えた未来に実行に移すべきだとする立場(大攘夷)の差にある。この違いが朝廷と幕府がそれぞれ出す命令の齟齬(そご)につながり、血で血を洗う政争と時代の転換を生んでいく。

12年前に刊行され、幕末史認識に一石を投じた歴史書の増補改訂版だ。(町田明広著、講談社学術文庫・1012円)

産経新聞
2022年4月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加