「『ニューヨーク・タイムズ』のドナルド・キーン」ドナルド・キーン著(中央公論新社)

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ニューヨーク・タイムズ』のドナルド・キーン

『『ニューヨーク・タイムズ』のドナルド・キーン』

著者
ドナルド・キーン [著]/角地 幸男 [訳]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/外国文学、その他
ISBN
9784120054983
発売日
2022/02/09
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

「『ニューヨーク・タイムズ』のドナルド・キーン」ドナルド・キーン著(中央公論新社)

[レビュアー] 辛島デイヴィッド(作家・翻訳家・早稲田大准教授)

 日本文学の翻訳、研究、海外普及に多大な貢献を果たしたドナルド・キーン。本書には、氏が1955年から87年にかけて、ニューヨーク・タイムズ紙に寄稿した書評やエッセイが時系列に収められている。

 主に日本文学の書評を依頼されていた氏も、世界で日本への関心が高まるにつれ、より広く日本文化を紹介することを求められる。

 だが、日本の専門家・紹介者という立場に、ときには複雑な思いを抱いていたことも、60年代後半の痛快なエッセイで「告白」される。

 角地幸男による邦訳は、キーンの英文の質感を見事に捉えている。が、テレビや日本語で書かれたエッセイなどで氏を知る読者は、そこに少しギャップを感じるかもしれない。生まれ故郷の「高級紙」の読者に向けて書かれた文章には、いい意味で(強い使命感や倫理観からくる)棘(とげ)があることも。

 圧巻は、68年の川端康成のノーベル文学賞受賞後と、70年の三島由紀夫の自決後に書かれた2本。後者の追悼文の筆致は穏やかだが、そこから感じとれる書き手への圧倒的な敬意と、大切な友人を失った深い喪失感が心を打つ。

読売新聞
2022年4月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加