『ノー・ルール! 英国における民俗フットボールの歴史と文化』吉田文久著(春風社)

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノー・ルール!

『ノー・ルール!』

著者
吉田文久 [著]
出版社
春風社
ジャンル
社会科学/民族・風習
ISBN
9784861107832
発売日
2022/03/10
価格
4,730円(税込)

書籍情報:openBD

『ノー・ルール! 英国における民俗フットボールの歴史と文化』吉田文久著(春風社)

[レビュアー] 小川哲(作家)

 スコットランドに、サッカーやラグビーの起源とも言われている、民俗フットボールという競技がある。実施されている町によって異なるが、町全体がプレーエリアで、ゴールは山側にある城跡の民家の壁と、港の海の中だったりする。町を南北に分け、それぞれの地域に住む町民たちが、何百人も集まって一斉にプレーをする。町の中心に投げられた一つのボールに町民たちが群がり、スクラムを組んでボールを運ぶ。本書のタイトルにもあるように、明文化されたルールはないし、審判もいない。

 本書は、現代にも残る「民俗フットボール」の事例をまとめ、分析することで、「スポーツ」の本質に迫る。膨大な資料、現地での聞き取りをもとに、民俗フットボールのプレイヤーたちが何を考え、何を目指してプレーをしているのかを明らかにしている。

 民俗フットボールについて考えることは、商業化された現代のスポーツについて考えることでもある。スポーツとは本来、誰のため、何のために存在していたのか。勝利とは何を意味するのか。そんなことを考えるきっかけになる本である。

読売新聞
2022年6月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加