『世界のふしぎな色の名前』城一夫、カラーデザイン研究会著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界のふしぎな色の名前

『世界のふしぎな色の名前』

著者
城 一夫 [著]/カラーデザイン研究会 [著]
出版社
グラフィック社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784766135541
発売日
2022/06/08
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

『世界のふしぎな色の名前』城一夫、カラーデザイン研究会著

[レビュアー] 産経新聞社

「デイドリーム」、つまり白昼夢ってどんな色? 「バラの燃えがら」「妖精のふともも」「月の涙」…世界を見渡すと、なんとも詩的な名がついた色がある。そんなユニークな名を持つ166色を、色彩の専門家が由来やエピソードとともに解説した本。美しい名前もあれば、血の色(サングイニャ)、毒薬の色(ポイズン・グリーン)など怪しげな名も。

古今和歌集の恋の歌に出てくる「思ひの色」、源氏物語などで喪服の色を表した「鈍(にび)色」、明治期の染色家が考案したという「夜雨(よざめ)色」など、色への繊細な感性では日本人も負けていない。(グラフィック社・1980円)

産経新聞
2022年6月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加