『江戸の宇宙論』池内了著(集英社新書)

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸の宇宙論

『江戸の宇宙論』

著者
池内 了 [著]
出版社
集英社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784087212068
発売日
2022/03/17
価格
1,034円(税込)

書籍情報:openBD

『江戸の宇宙論』池内了著(集英社新書)

[レビュアー] 中島隆博(哲学者・東京大教授)

 翻訳には世界認識や宇宙認識を根底から改める力がある。長崎通詞を務めた後にオランダ語文献の翻訳を行った志(し)筑(づき)忠(ただ)雄(お)は、世界認識においては「鎖国」という概念を造語し、当時の日本を世界の中に位置づけた。

 その一方で、引力・求心力・遠心力・重力などの物理用語を生み出し、ニュートン力学を正確に理解した上で、従来の天動説に代えて地動説を紹介し、宇宙認識を刷新した。なお、天動説・地動説という言葉も志筑が作り上げたものだ。

 志筑はその上で、独自に「無数の太陽が広大無辺の空間に点々と散らばっている宇宙像」である無限宇宙論を提示し、同時代の天文学の先端に立った。

 その志筑やその他の天文学の訳業を参考にして「生命が多数生まれる宇宙」を論じたのが山(やま)片(がた)蟠(ばん)桃(とう)である。升屋を差配して大名貸しの豪商にした手腕を学問に活(い)かし、大坂の学問所、懐徳堂で学んだ蟠桃は「恒星には必ず惑星が付属し、どの惑星にも人間が居住する」という、現代にも通じる宇宙像を提示した。翻訳を通じて「科学」の分野に遊ぶ。江戸の人々の好奇心に触れる好著である。

読売新聞
2022年6月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加