<東北の本棚>書簡から人生読み解く

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴッホを考えるヒント

『ゴッホを考えるヒント』

著者
佐藤公一 [著]
出版社
アーツアンドクラフツ
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784908028694
発売日
2022/02/24
価格
1,200円(税込)

書籍情報:openBD

<東北の本棚>書簡から人生読み解く

[レビュアー] 河北新報

 ゴッホを日本人に広く知らしめた、文芸評論家小林秀雄の「ゴッホの手紙」にならい、手紙をヒントに不世出の画家の人生と芸術を読み解く。大仙市の文芸評論家が分かりやすく解説した入門書だ。

 地方の名士というべき牧師の家庭に生まれたゴッホだが、仕事もないのに、妊娠した娼婦(しょうふ)に同情して父親代わりを務めようとする。父を敬愛して炭鉱で伝道に携わるが、労働者と寝起きを共にし、服装に構わなかったため解雇される。挫折の末に残ったのが、絵を描くことだった。

 世間の「常識」の壁にぶつかるゴッホにとって人間関係の形成は難題だった。著者は自画像の多さを「肖像画のモデルとの関係がつくれないことの反映」と解釈する。それを裏付けるように、ゴーギャンとの共同生活の破綻を巡り、「とりわけぼく自身に嫌気がさしたんだと思う」と手紙の中で胸中を明かしている。

 絵画について話し合える画商の弟テオは心の親友で、テオとの手紙は命綱だった。「いずれにしても肝心なことは、お互い一心同体だという気持ちをしっかり持つことだ」

 著者はゴッホを絵画と手紙(文学)の「リアル二刀流」と称賛する。孤独と創造への意思が読み取れる書簡に、確かに文学を感じる。(会)
   ◇
 アーツアンドクラフツ03(6272)5207=1200円。

河北新報
2022年6月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加