『補給戦 増補新版』マーチン・ファン・クレフェルト著、石津朋之監訳・解説、佐藤佐三郎訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

増補新版  補給戦

『増補新版 補給戦』

著者
マーチン・ファン・クレフェルト [著]/石津 朋之 [監修、訳]/佐藤 佐三郎 [訳]
出版社
中央公論新社
ジャンル
歴史・地理/歴史総記
ISBN
9784120055317
発売日
2022/04/19
価格
2,970円(税込)

書籍情報:openBD

『補給戦 増補新版』マーチン・ファン・クレフェルト著、石津朋之監訳・解説、佐藤佐三郎訳

[レビュアー] 産経新聞社

西洋の格言にいわく「戦争のプロはロジスティクス(兵站〔へいたん〕)を語り、素人は戦略を語る」。どの時代の戦争も、兵に1日3000キロカロリーを食わせる必要があるという物理的制約から逃れられない。食糧をはじめとする軍事行動の必需品を軍隊に与え続ける「兵站」の視点から、イスラエルの軍事史家が16~20世紀の戦争の変遷を読み解く。

古来、現地調達に頼っていた兵站の画期は第一次大戦。輸送品の主体も、それまでの人馬の糧食から武器弾薬に変化した。各時代の戦争の姿は将軍の戦略ではなく、兵站の限界に規定されていると鮮やかに論じた古典的名著の増補新版。(中央公論新社・2970円)

産経新聞
2022年6月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加