【児童書】『へんしん すがたをかえるイモムシ』桃山鈴子作、井上大成監修・解説

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

へんしん

『へんしん』

著者
桃山鈴子 [著、イラスト]/井上大成 [監修、解説]
出版社
株式会社 福音館書店
ジャンル
自然科学/生物学
ISBN
9784834086539
発売日
2022/04/22
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『へんしん すがたをかえるイモムシ』桃山鈴子作、井上大成監修・解説

[レビュアー] 産経新聞社

卵からイモムシが生まれ、脱皮を繰り返してチョウになるまでの劇的な「へんしん」の過程を、昆虫画家の作者がじっくりと観察し、繊細なタッチで描いた。

作者が優しいまなざしで捉えたチョウは3種類。それぞれの卵は、イモムシが食べる植物に産み付けられている。モンシロチョウはナノハナの葉裏。ナミアゲハはサンショウの葉。ウラギンシジミならクズのつぼみ。成長過程で変化する色や形の違いも丁寧に描き分けられている。チョウの生態の不思議さが感じられる。(福音館書店・1540円)

産経新聞
2022年6月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加