『仰天・俳句噺』夢枕獏著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仰天・俳句噺

『仰天・俳句噺』

著者
夢枕 獏 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163915562
発売日
2022/06/27
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

『仰天・俳句噺』夢枕獏著

[レビュアー] 産経新聞社

伝奇や格闘、山岳など多彩なジャンルに挑戦してきた人気作家が、闘病と俳句を主軸に据えたエッセー。著者がひそかに詠んだ俳句も盛り込まれている。

著者は令和3年3月に血液のがんである悪性リンパ腫と診断され、ほぼ全ての仕事を休止せざるを得なかったが、病床でも俳句を詠み続けたという。入院中に手掛けた俳句群のタイトルは「黒翁(くろおきな)の窓」。「死」「点滴」「蛇」などの鮮烈な言葉がちりばめられている。

窮地に立たされても、その状況下で遊ぼうという心意気が伝わってくる。人生の残り時間を意識した文筆家の渾身(こんしん)の作だ。(文芸春秋・1760円)

産経新聞
2022年7月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加