【児童書】『うまれてくるよ 海のなか』高久至写真、かんちくたかこ文

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うまれてくるよ海のなか

『うまれてくるよ海のなか』

著者
高久至 [著]/かんちくたかこ [著]
出版社
アリス館
ジャンル
自然科学/生物学
ISBN
9784752010142
発売日
2022/06/27
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『うまれてくるよ 海のなか』高久至写真、かんちくたかこ文

[レビュアー] 産経新聞社

海の魚の多くは、お父さんが卵を守っている。どうしてだろう? 水中写真家の疑問から生まれた写真絵本だ。

カラフルなクマノミのお父さんが口をぱくぱくさせ、卵のまわりの水が新しくなるように世話をしている。アイナメのお父さんも口でぱくぱく、ひれでぱたぱた。一方、キンセンイシモチのお父さんは卵を口の中で大事に守っている。子育てに奮闘する魚をとらえた写真がいっぱい。ぴょこぴょこ、わらわらと出てくるのは赤ちゃん。命がつながっていく場面は感動的だ。(アリス館・1540円)

産経新聞
2022年7月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加