絵本の皮をかぶっためちゃくちゃ濃い仏像解説本

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏像えほん ぼくとぞうの有頂天たび

『仏像えほん ぼくとぞうの有頂天たび』

著者
店橋 花里 [著、イラスト]/肥田 路美 [監修]
出版社
YAMAVICO HAUS
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784991050626
発売日
2022/04/08
価格
2,200円(税込)

書籍情報:openBD

絵本の皮をかぶっためちゃくちゃ濃い仏像解説本

[レビュアー] 夢眠ねむ(書店店主/元でんぱ組.incメンバー)

 仏像が好きだ。大前提でありがたい存在としてみているが、いとうせいこう氏とみうらじゅん氏の「見仏記」シリーズや、モデルのはなさんの『ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう』を愛読書としていたので若干ミーハー目線強めの“好き”である。特に好きなのは平等院の雲中供養菩薩で、彼らに会うために京阪宇治線に何度も乗った。仏像を見て、なぜだかツーッと涙を流したこともある。そんな私のお気に入り仏像本は昔のものばかりだったけれど、素敵な新刊を見つけた。

『仏像えほん』は絵本の皮をかぶった、とっつきやすいがかなりコアな仏像入門書である。まず見返しに「仏像の持ちもの」として24個ものイラストと解説がついていて、いきなりの情報量! めくっていくと優しいイラストで綴られる、はじめて仏像を見た“ふうちゃん”と小さな白い象によるほんわかしたストーリーが展開されるのだけれど……物語の合間合間に挟まれる、めちゃくちゃ濃い仏像解説が面白すぎる。仏像について語りたくて伝えたくてしょうがない!という溢れる思いが、ぎっしり詰まった文字と描き込まれたイラストから伝わってくる(ストーリーと解説のページで文字のサイズが全然違う!笑)。それもそのはず、著者は仏像の楽しみ方を広げるべく活動している「仏像部」の副部長、店橋花里さん。

 私のお気に入りは、突如縦見開きになる「にょらいのカラダ」解説ページ。身長約4・8メートル、歯が40本もある、体毛は青色、毛穴からいい匂いがする、性器は悟りを開いたあと体の中にしまわれた(!)など……し、知らないことが盛りだくさん! 菩薩のページでは如来になるための修行の話が出ており、「ウソを つかないことや すなおに あやまることも、しゅぎょうの ひとつなのよ」の教えが。身に沁みます……。子供はもちろん、大人も隅々まで読みたい。

新潮社 週刊新潮
2022年7月28日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加