「図説江戸のカルチャー 教養書・実用書の世界」深光富士男著(河出書房新社)

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図説 江戸のカルチャー 教養書・実用書の世界

『図説 江戸のカルチャー 教養書・実用書の世界』

著者
深光 富士男 [著]
出版社
河出書房新社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784309228501
発売日
2022/03/29
価格
3,080円(税込)

書籍情報:openBD

「図説江戸のカルチャー 教養書・実用書の世界」深光富士男著(河出書房新社)

[レビュアー] 宮部みゆき(作家)

 以前このビジュアル欄で、『図説 江戸のエンタメ 小説本の世界』をご紹介した。本書はその姉妹本で、今度は江戸の人びとに重宝された多種多様な実用書や教養書を解説している。

 現代でも、書籍の年間売り上げベスト10の上位を占めるのは、こちらのジャンルのベストセラーたちだ。版元という出版プロデューサーの知恵と商売っけから生み出され、貸本屋ネットワークを通して提供されるこれらの書籍は、江戸市井の人びとにとっても、日常を彩り暮らしの質を高めてくれる良き知恵袋だった。超ロングセラーの美容書や歌舞伎通に愛読された役者評判記など、今読んでも充分面白そうだ。ショップガイドの『江戸買物独案内』は、当時の人びとにとっても便利なものだったろうが、現代の時代小説作家にも必須のあんちょこでして、版元の中川芳山堂さんには足を向けて寝られない。

読売新聞
2022年7月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加