『空をこえて七星のかなた』加納朋子著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空をこえて七星(ななせ)のかなた

『空をこえて七星(ななせ)のかなた』

著者
加納 朋子 [著]
出版社
集英社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784087717976
発売日
2022/05/26
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

『空をこえて七星のかなた』加納朋子著

[レビュアー] 産経新聞社

星を愛し、宇宙に憧れる人たちの人生の岐路を描いた、心温まる連作ミステリーだ。7つの短編が収録されている。

父の提案で石垣島へ旅行をすることになった少女。いつも一緒だった母親の姿が今年はない。父娘2人旅の様子を描いた「南の十字に会いに行く」。

同級生の男の子によって右目に傷を負わされた少女。その秘密が明かされる「星は、すばる」。

日常に潜む謎を得意とする著者らしく、各編の最後は意外な展開になる。最終話で全ての物語と人間関係がつながり、謎が解けていく。読後感はさわやか。(集英社・1760円)

産経新聞
2022年7月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加