『築地市場の人々 最後の二年間を撮る』山下倫一写真・文(国書刊行会)

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

築地市場の人々

『築地市場の人々』

著者
山下倫一 [著、写真]
出版社
国書刊行会
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784336073693
発売日
2022/05/24
価格
4,620円(税込)

書籍情報:openBD

『築地市場の人々 最後の二年間を撮る』山下倫一写真・文(国書刊行会)

[レビュアー] 佐藤義雄(住友生命保険特別顧問)

 築地市場の豊洲への移転が迫った2016年8月、今のうちに築地市場とそこで働く職人や訪問客たちを記録に残しておこうという軽い気持ちで始めた撮影が、市場と市場を取り巻く人々に魅了され、最終的な閉場日となった18年10月6日まで2年間にわたり続くこととなった。

 70回におよぶ訪問で積み上がった記録は約1万ショット。初めは勝手がわからずおっかなびっくりで撮影を始めるが、次第に仲卸業の人たちとの交流を深め、その姿を見事に捉えていく。著者は東京都武蔵野市の市議会議員を長く務め、勇退後の07年から写真を本格的に学び始めたという異色の写真家。写真の合間に綴(つづ)られた市場の人々との心温まる交流に著者の人柄が偲(しの)ばれる。

 それにしてもそれぞれの写真に登場する職人たちの表情が素晴らしい。自分の仕事への誇りと自信が滲(にじ)み出るのだろう。著者の築地市場への愛着が生み出した貴重な写真集である。

読売新聞
2022年7月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加