『言葉の還る場所で』谷川俊太郎・俵万智著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉の還る場所で ―谷川俊太郎・俵万智対談集―

『言葉の還る場所で ―谷川俊太郎・俵万智対談集―』

著者
谷川俊太郎 [著]/俵万智 [著]
出版社
春陽堂書店
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784394904175
発売日
2022/07/05
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

『言葉の還る場所で』谷川俊太郎・俵万智著

[レビュアー] 産経新聞社

昭和、平成、令和の時代を通して第一線で活躍する国民的詩人の谷川俊太郎と、現代歌壇を牽引(けんいん)する歌人の俵万智の対談を収録した。2人の言葉の達人の相違点と共通点を浮き彫りにしている。

谷川は「詩を書き始めたときから詩を疑っていたし、言葉も疑っていた」という。対する俵は三十一(みそひと)文字の短歌で「全部は言い切れないと感じている」ので「言葉を信じるしかない」という。

相反するような2人だが、ネット時代の言葉の氾濫を実感しながらも、言葉と真摯(しんし)に向き合う姿勢は似ている。ウェブマガジンに連載されたオンライン対談の書籍化。(春陽堂書店・1760円)

産経新聞
2022年7月31日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加