【気になる!】新書『桑田佳祐論』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桑田佳祐論

『桑田佳祐論』

著者
スージー鈴木 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
芸術・生活/音楽・舞踊
ISBN
9784106109546
発売日
2022/06/17
価格
946円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『桑田佳祐論』

[レビュアー] 産経新聞社

昭和50年代の「勝手にシンドバッド」「いとしのエリー」以来、数々のヒットを飛ばした人気バンド、サザンオールスターズ。そのボーカルで作詞作曲も担う桑田佳祐の発する言葉の魅力などを分析した本。26作品を軸に解説している。

音楽評論家の著者の着眼点が鋭い。例えば「いとしのエリー」では、「誘い涙」などの造語が使われている点に注目。強烈な「桑田語」は「日本語ロックにおける『言語革命』の痕跡」と評価する。往年の曲でも動画投稿サイトなどで簡単に検索できる時代になった。桑田語を意識しながらサザンを聴いてみたい。(スージー鈴木著、新潮新書・946円)

産経新聞
2022年7月31日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加