【気になる!】新書『世界史としての「大東亜戦争」』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界史としての「大東亜戦争」

『世界史としての「大東亜戦争」』

著者
細谷 雄一 [著]
出版社
PHP研究所
ジャンル
歴史・地理/歴史総記
ISBN
9784569852515
発売日
2022/07/20
価格
1,078円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『世界史としての「大東亜戦争」』

[レビュアー] 産経新聞社

日本にとっての第二次大戦は、対米戦争のみならず対英、対中、対ソなど性質の異なる戦争が組み合わさった複合的な戦争だった。米国史や中国史、ドイツ史やソ連史などの一線研究者15人が、多角的視点からあの戦争を再検討する。

ソ連の対日戦略を読み解きつつ、自国の安全保障のために勢力圏拡大を続けてかえって戦争を招くという現在まで続くロシアの大国主義的戦略の問題を指摘する花田智之氏、在英日本大使館が少数の親日保守派の情報に頼って英国の政策を見誤ったとするアントニー・ベスト氏など、コンパクトながら読み応え十分。(細谷雄一編著、PHP新書・1078円)

産経新聞
2022年8月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加