『創造性をデザインする』牧野智和著(勁草書房)

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

創造性をデザインする

『創造性をデザインする』

著者
牧野 智和 [著]
出版社
勁草書房
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784326654345
発売日
2022/06/01
価格
3,300円(税込)

書籍情報:openBD

『創造性をデザインする』牧野智和著(勁草書房)

[レビュアー] 小川さやか(文化人類学者・立命館大教授)

 自発性や創造性を育む「アクティビティを喚起する学校」。行うべき作業に応じて自ら最適な場所を見つけ、活発な交流と協働を通じて知的創造性の発揮を促す「クリエイティブ・オフィス」。タクティカルアーバニズムやプレイスメイキングなどの実践によって創出される新たな公共空間。憧れの目で見ながら、かすかな違和感も抱いていた。

 フーコーの権力分析を主たる参照軸に、建築空間がいかに人々の行為を構造化・喚起し、主体性をデザインしているかを論じた本書はその正体を鋭く突く。

 新たな建築空間は、「自由で創造的な主体であれ」と喚起する権力装置、「自由とは何か」と発想することを気持ちよく失わせる「権力装置」ではないか。「自分ごと」として公共空間の創出に関わり、他者のアクティビティの「触媒」となるよう期待される市民は、新自由主義が理想とする主体と親和性が高いのではないか。

 建築家らの試みは素晴らしい。だが望ましい空間が特有の主体性のデザインに作用することに目を凝らさないと、そこから零(こぼ)れる存在や絡めとられやすい統治の技法に気づけない。良書だ。

読売新聞
2022年8月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加