【気になる!】新書『難しい本を読むためには』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

難しい本を読むためには

『難しい本を読むためには』

著者
山口 尚 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
総記/総記
ISBN
9784480684332
発売日
2022/08/08
価格
1,012円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『難しい本を読むためには』

[レビュアー] 産経新聞社

「難しい本」とは、どのような本か。本書では池田晶子『14歳からの哲学』や國分功一郎『暇と退屈の倫理学』などの哲学書を取り上げ、「文章を読む正攻法」を紹介。哲学の書き物は「読み解くことによってスルメのように内容がしみ出して」くるという。

本書の読解法は、文章の各部分の意味をつかむことと全体の主張を捉えることを繰り返しながら、内容を理解する読み方。分からない箇所があっても、まずは読み進めて全体からその箇所の意味を考えるよう助言する。若者対象の新書レーベルだが、大人の学び直しにも役立ちそうだ。(山口尚著、ちくまプリマー新書・1012円)

産経新聞
2022年9月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加