『申の村の話十五人の職人と百年の物語』申賦漁著、水野衛子訳

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申(シェン)の村の話

『申(シェン)の村の話』

著者
申 賦漁 [著]/水野 衛子 [訳]
出版社
アストラハウス
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784908184369
発売日
2022/09/05
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

『申の村の話十五人の職人と百年の物語』申賦漁著、水野衛子訳

[レビュアー] 産経新聞社

中国・江蘇省に生まれ、パリに住む著者が故郷の村を舞台に「職人」を描く。瓦職人、大工、織物職人…。著者が父や祖父から聞き、また直接見知った人々まで、およそ100年にわたる15人の叙事詩だ。中国で出版後、フランス、アメリカでも翻訳刊行された。

「家譜に1行か2行で記される存在」の職人は、国共内戦や文化大革命など中国社会の変化の激流に抗(あらが)い、また流されながら、図らずも波瀾(はらん)万丈の人生を送る。

田舎の村のぬくもり、荒廃と没落、そこに暮らす人々の肌感覚は、国を問わず読者の遠い故郷の記憶を呼び起こしそうだ。(アストラハウス・2420円)

産経新聞
2022年9月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加