『中村吉右衛門 舞台に生きる』中村吉右衛門著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村吉右衛門 舞台に生きる

『中村吉右衛門 舞台に生きる』

著者
中村 吉右衛門 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784093888721
発売日
2022/08/31
価格
4,950円(税込)

書籍情報:openBD

『中村吉右衛門 舞台に生きる』中村吉右衛門著

[レビュアー] 産経新聞社

昨秋、死去した歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門。副題にある「芸に命を懸けた名優」の最期の日々がつづられている。

第一章は晩年の舞台や楽屋での姿などを記録したカラー写真集、第二章は雑誌『本の窓』(小学館)で連載した随筆集になっている。第三章は思い入れの深い役について語った芸談。第四章はコロナ禍の自粛期間中に描いた役者絵などの画集―と多彩な内容。

著者が生前、絵本化を望んでいたという未完成の絵本スケッチもとじ込み付録として一挙初公開。また知佐夫人が語る素顔の吉右衛門など、在りし日にどっぷり浸れる。(小学館・4950円)

産経新聞
2022年9月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加