【気になる!】新書『牟田口廉也とインパール作戦 日本陸軍「無責任の総和」を問う』関口高史著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牟田口廉也とインパール作戦

『牟田口廉也とインパール作戦』

著者
関口高史 [著]
出版社
光文社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784334046163
発売日
2022/07/13
価格
1,188円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『牟田口廉也とインパール作戦 日本陸軍「無責任の総和」を問う』関口高史著

[レビュアー] 産経新聞社

約3万人の死者を出した悪名高いインパール作戦の責任者として今も指弾される牟田口廉也中将。だがなぜこの作戦は認可され、敗因もどこまで彼一人の個性に帰せられるべきなのか。

脅威に合わせて戦備を整える余裕がある英米などの「環境重視型軍隊」に対し、持たざる国日本はひとたび決まった任務に猛進する「任務重視型軍隊」を作らざるを得なかった。そして牟田口は、その模範的な体現者だった。元防大戦略教官がプロの視点で当時の陸軍の組織論理を分析し、失敗の真因に迫る。(光文社新書・1188円)

産経新聞
2022年9月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加