「分からない」という強烈なリアル 奥田英朗『リバー』を高橋ユキさんが読む

レビュー

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リバー

『リバー』

著者
奥田 英朗 [著]
出版社
集英社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784087718058
発売日
2022/09/26
価格
2,310円(税込)

書籍情報:openBD

「分からない」という強烈なリアル 奥田英朗『リバー』を高橋ユキさんが読む

[レビュアー] 高橋ユキ(フリーライター)

「分からない」という強烈なリアル

 群馬県桐生(きりゆう)市、栃木県足利(あしかが)市で若い女性の遺体が相次いで発見された。首を絞められて殺害されたとみられるふたりの遺体は全裸で、両手を縛られているという共通点があった。そのうえ発見場所はいずれも、群馬県と栃木県の県境付近を流れる渡良瀬(わたらせ)川の河川敷だった。
 刑事たちは胸騒ぎをおぼえる。両県ではちょうど十年前にも同じ河川敷で若い女性の全裸遺体が発見されていたからだ。
 犯人は十年前と同一か。それとも模倣犯か。奥田英朗による犯罪小説『リバー』では、この“渡良瀬川連続殺人事件”をめぐり、刑事、記者、犯罪被害者、それぞれの視点から物語が織りなされる。ところが本作で内面まで描かれるのは、登場人物のうちの一部だ。疑惑の人物らの内面は、作者が構築した精密な世界のなかに、あえて残した空洞のようにつかめず、読者は、彼らの行動や仕草から想像することしかできない。このもどかしさや不安には覚えがあった。
 私は普段、刑事裁判を取材して記事を書いており、事件を起こした当人に取材を行うこともある。長く未解決だった殺人事件の被告人に面会取材を重ねていたとき、私は彼に当時の気持ちや動機をしつこく尋ねた。逮捕まで約十年も犯行を隠し続けた彼が、誰とも共有してこなかった感情に触れたかった。
 だが実際には、私のような普通の人間が理解できるような、腑(ふ)に落ちる答えが都合よく得られるわけではない。そもそも、自分から動機を語りだすこともない。何度聞いても「ストレスがあった」「とっさに刺した」など、お決まりのフレーズを繰り出し、内面に踏み込ませてはくれなかった。取材では、分からないことが分からないまま終わることがある。彼の衝動、快楽は、やはり表情や仕草、言葉から想像することしかできないままだ。
 人間には共有したくない感情、見せたくない顔がある。作者はそれを巧みに“描かない”うえで、ディテールを積み上げる。架空の世界を描いた小説に、強烈なリアルがある。

高橋ユキ
たかはし・ゆき●フリーライター

青春と読書
2022年10月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

集英社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加