<東北の本棚>「声」に直感 一時代築く

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松田聖子の誕生

『松田聖子の誕生』

著者
若松 宗雄 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
芸術・生活/音楽・舞踊
ISBN
9784106109607
発売日
2022/07/19
価格
902円(税込)

書籍情報:openBD

<東北の本棚>「声」に直感 一時代築く

[レビュアー] 河北新報

 1980年代のアイドル全盛期、誰よりも大きな存在感を放っていたのが「松田聖子」だった。本書の著者は福岡県在住の16歳の「蒲池法子」を見いだした音楽プロデューサー。きっかけは、地方オーディションの歌声を録音した、ただ1本のカセットテープだった。

 一聴したその声の印象をこう記す。「どこまでも清々(すがすが)しく、のびのびとして力強かった。明るさとしなやかさと、ある種の知性を兼ね備えた唯一無二の響き」

 自分自身も実績のない駆け出し。自らの直感だけを信じた。同僚の支持がなくても、厳格な父親に何度追い返されても、「華がない」と芸能事務所に再三断られても、揺るぎない志を持つ聖子と共に、決して諦めなかった。

 苦労の末、思いがけない運も転がり込んで80年4月、デビューにこぎ着ける。初シングルの「裸足(はだし)の季節」以降、約7年間にわたり、ほとんどの曲とアルバムのタイトルを著者が付けた。時代の空気に敏感な「anan」など女性ファッション誌にヒントを得ていたという。

 南の島、高原、都会、洗練、透明感、乙女。これらのキーワードに文学的な香りをまとわせ、最先端の洋楽的なサウンドで仕上げる。前衛的過ぎない、分かりやすい大衆性。こうしたイメージを基に小田裕一郎、財津和夫、松本隆、細野晴臣、大滝詠一、松任谷由実ら実力派クリエイターが、競い合うように作品を提供した。楽曲はアイドル歌謡の枠を超える。「松田聖子」は1人の歌手の名にとどまらず、もはや一つのジャンルであり、連続するプロジェクトだった。

 一時代を築いたプロデューサーだが、当時は会社員。昭和のサラリーマン奮闘記として読んでも面白い。聖子音楽を伴奏に青春を過ごした人には、より感慨深い時間旅行になりそう。

 著者は1940年いわき市生まれ。(ぐ)
   ◇
 新潮社03(3266)5111=902円。

河北新報
2022年9月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加