『ヘルンとセツ』田渕久美子著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルンとセツ

『ヘルンとセツ』

著者
田渕 久美子 [著]
出版社
NHK出版
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784140057285
発売日
2022/08/30
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

『ヘルンとセツ』田渕久美子著

[レビュアー] 産経新聞社

明治中期、米国から来日した作家、ラフカディオ・ハーン(ヘルン)は、松江の尋常中学校教師となる。そこで松江藩上士の家に生まれ、維新後に没落して困窮生活を送っていた小泉セツと出会う。

ハーンは、セツが話す「怖い話(怪談)」に興味を持ち、繰り返し聞いてはノートに記録する共同作業を始める。

日本と日本人を愛し、自国に誇りを持つことの大切さを説くハーンと、武家の娘の品格を持ち続けるセツ。2人が数々の障害を乗り越え、思いを通わせる姿をNHK大河ドラマ「篤姫」などの脚本を手掛けた著者がドラマチックに描いた小説。(NHK出版・1870円)

産経新聞
2022年9月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加