「絵画で読む『失われた時を求めて』」吉川一義著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラー版 絵画で読む『失われた時を求めて』

『カラー版 絵画で読む『失われた時を求めて』』

著者
吉川 一義 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784121027160
発売日
2022/09/20
価格
1,034円(税込)

書籍情報:openBD

「絵画で読む『失われた時を求めて』」吉川一義著

[レビュアー] 産経新聞社

仏作家マルセル・プルースト(1871~1922年)の『失われた時を求めて』は20世紀を代表する小説といわれながら、長大で難解ゆえに挫折する読者も多い。同作を作中に出てくる絵画を手がかりに読み解く入門書が本書。プルースト没後100年を機に出版された。

ルネサンスの画家、ボッティチェリの「モーセの試練」が登場人物のスワンの恋心に火をつけるように、プルーストは膨大な数の絵画を小説に登場させている。

名画を援用して描いた愛と死、ユダヤ人、時間、芸術論などの主題を、豊富な図版とともに解説。名作の勘所を把握するのに役立つ。(中公新書・1034円)

産経新聞
2022年10月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加