<書評>『文にあたる』牟田都子(さとこ) 著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文にあたる

『文にあたる』

著者
牟田 都子 [著]
出版社
亜紀書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784750517544
発売日
2022/08/10
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

<書評>『文にあたる』牟田都子(さとこ) 著

[レビュアー] 石井千湖(書評家)

◆精査する読書の奥深い魅力

 校正者は、本が出版される前に「ゲラ」と呼ばれる試し刷りを読み、内容に誤りがないかどうか、不足点がないかどうかを精査する専門職だ。牟田都子の『文にあたる』は、人気校正者のエッセー集。さまざまな書物を引用しながら、真摯(しんし)かつ柔和な語り口で、校正という仕事の難しさと面白さを伝えている。

 本書によれば、校正者が最初にゲラを「素読み」するときは、誤植の拾いもれがないように「指先や鉛筆の先端で文字をひとつひとつ押さえ、指さし確認するようにして」一定の速度を保って読むという。素読みをしたら、固有名詞や数字、事実関係などの正誤を確かめる「調べもの」をしなければならない。楽しむための読書とはまったく違う読み方をしている著者だからこそ、本の奥深い魅力を語った部分に説得力がある。

 たとえば、文芸誌の校正について書いた「どこまで赤くするか」。保坂和志の小説『未明の闘争』の一節を例に、文法的にはおかしいけれども作家が意図した可能性があるセンテンスに遭遇したらどうするかを考えていく。文学の世界では、正誤よりも優先されるものがある。とはいえ、何でもありではない。校正者が疑問を出し、編集者や作家とやりとりすることによって、文法的におかしなセンテンスも、作家の選びとった表現として確定するのだ。

 同一人物のプロフィールなのに本によって異なる誕生日、「水から水分が出てスープのようにおいしくなる」という文章など、どうして見落とされたのかと驚くような間違いの実例も出てきて興味深い。よく知っている専門分野のことでも、自分自身のことでさえも、人間は間違って書いてしまうことがある。誰もがミスするという前提で、複数の人の目を通して作られているから、書籍の記述はネットの情報と比べて人々に信頼されているのだろう。

 表に出ることは少なく、必ずしも努力が報われるとはかぎらない仕事だけれども、著者の校正愛は深い。天職にめぐりあったひとりの女性の物語としても秀逸な一冊だ。

(亜紀書房・1760円)

1977年生まれ。出版社の校閲部勤務を経て2018年より個人で校正の仕事を行う。

◆もう1冊

宮後優子著『ひとり出版入門−つくって売るということ』(よはく舎)。牟田が校正を担当。

中日新聞 東京新聞
2022年10月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

中日新聞 東京新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加