巨匠の世界構築力に迫る

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脚本力

『脚本力』

著者
倉本聰 [著]/【聞き手】碓井広義 [著]
出版社
幻冬舎
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784344986671
発売日
2022/09/28
価格
1,034円(税込)

書籍情報:openBD

巨匠の世界構築力に迫る

[レビュアー] 佐藤健太郎(サイエンスライター)

 筆者は一応物書きの端くれではあるが、テレビドラマの脚本家の頭の中というのはいったいどうなっているのか、全く想像さえつかない。俳優たちの魅力を余すところなく引き出しつつ、視聴者を飽きさせないような長大なストーリーを組み上げ、しかも各話にきちんと山場を作る。場合によっては途中での筋書き変更といった芸当さえやってのけるのだから、彼らの能力は神秘的とすら感じる。

『脚本力』は、「北の国から」などで知られる脚本家・倉本聰の創作の秘密に、碓井広義が聞き手として迫った一冊だ。驚くべきは、創作の過程を示すために、わざわざ新作の脚本が一本書き下ろされていることだ。そしてこれが、現代社会の諸断面を取り込んだ抜群に面白いストーリーに仕上がっているのだから、八七歳の巨匠の力に呆れ返る他ない。また、それを伝える本書の構成も実に見事だ。

 面白いのは、ストーリーの構築やドラマの構成などではなく、人物の造形に最も時間をかけている点だ。主要登場人物の処女・童貞喪失の時期、過去に住んでいた街の地図まで作り込むというから、創作とはこういうことなのかと感じ入ってしまう。

 テレビ局もドラマに制作費をかけられなくなっている現在、残念ながらこうした脚本の技術も受け継がれにくい状況なのかもしれない。本書中の脚本もあえて未完とし、後は若い才能に書き継いでほしいとしているのは、後継者の出現を望む気持ちの現れだろうか。

新潮社 週刊新潮
2022年11月3日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加