『クィア・アートの世界』海野弘監修

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クィア・アートの世界

『クィア・アートの世界』

著者
海野弘 [著]
出版社
パイ インターナショナル
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784756255945
発売日
2022/09/14
価格
4,620円(税込)

書籍情報:openBD

『クィア・アートの世界』海野弘監修

[レビュアー] 産経新聞社

性的少数者を表す言葉「クィア」。本書では、抑圧や偏見、差別が原因でこれまでアートと認められていなかった作品を広く「クィア・アート」と位置付けた。多岐にわたるジャンルの作品を取り上げながら、古代エジプトから現代に至るもう一つの美術史をたどっている。

ボーイッシュな女性の風俗画で人気を得たゲルダ・ビーグナー、全裸で泳ぐ若者の絵を描き続けたヘンリー・スコット・テュークら知られざる画家の紹介のほか、巨匠カラバッジョやベラスケスらによる美術史上の名作も、クィアの観点から捉え直している。(パイ・インターナショナル・4620円)

産経新聞
2022年11月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加