【気になる!】新書『スパコン富岳の挑戦』松岡聡著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパコン富岳の挑戦 GAFAなき日本の戦い方

『スパコン富岳の挑戦 GAFAなき日本の戦い方』

著者
松岡 聡 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784166613663
発売日
2022/10/20
価格
1,210円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『スパコン富岳の挑戦』松岡聡著

[レビュアー] 産経新聞社

日本のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」の開発を指揮した著者が書くスパコン研究の最前線が興味深い。

2010年代以降、米中の民間企業がスパコン開発に乗り出し、国家プロジェクト並みの額を投資。GAFAと呼ばれる米国の巨大IT企業が、日本の研究者を引き抜いているという。

著者は、GAFAなき日本が世界でどう戦うべきかを提言。富岳の開発秘話や先代の「京(けい)」との違い、京が平成21年に当時の民主党政権の事業仕分けで「2位じゃ駄目なんでしょうか」と追及され、開発凍結の危機に見舞われたときのエピソードも盛り込んでいる。(文春新書・1210円)

産経新聞
2022年11月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加