『怪談未満』三好愛著(柏書房)

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怪談未満

『怪談未満』

著者
三好 愛 [著]
出版社
柏書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784760154623
発売日
2022/07/25
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

『怪談未満』三好愛著(柏書房)

[レビュアー] 宮部みゆき(作家)

 三好愛さんの画風をご存じの方なら、日常のささやかな怪と謎を綴(つづ)ったエッセイ集である本書のタイトルが、三好さんの手になる絵のイメージにもぴたりと重なると感じるだろう。うっすらと怖いのだが、正視できないようなおぞましい恐怖ではなく、全き「怪談」に至らない「未満」の部分からは、ほんのりと優しいユーモアがにじみ出る。そして三好愛ワールドに欠かせないのが、「シャイ」という要素だ。「遠慮がち」という表現でもいい。押しつけがましくないのだ。ただぽつんとそこに在る。浮いている。平べったくなっている。容(い)れ物にはまっている。物陰から顔を覗(のぞ)かせている。

 本書を読んでいると、自分にも似たような経験があると、唐突に気づくことがある。特に子供時代のエピソードと、妊娠・出産・授乳にまつわるエピソードには、「ああ、自分もまさにこういうふうに感じていた」と、胸を洗われる読者が多いのではなかろうか。それは三好さんの魔法の効能だ。あなたの内に眠っていた、名付けようがないほど淡く儚(はかな)い不安や違和感の種が、その魔法で姿形を得て浄化されたのである。

読売新聞
2022年11月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加