自由で幅広な日本美術ガイドに乾杯! 山口 桂『死ぬまでに知っておきたい日本美術』を片山杜秀さんが読む

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死ぬまでに知っておきたい日本美術

『死ぬまでに知っておきたい日本美術』

著者
山口 桂 [著]
出版社
集英社
ジャンル
芸術・生活/芸術総記
ISBN
9784087212426
発売日
2022/11/17
価格
1,320円(税込)

書籍情報:openBD

自由で幅広な日本美術ガイドに乾杯! 山口 桂『死ぬまでに知っておきたい日本美術』を片山杜秀さんが読む

[レビュアー] 片山杜秀(評論家・思想史家)

自由で幅広な日本美術ガイドに乾杯! 

 小中高の12年間を暁星学園という男子校で過ごした。東京の都心にあるフランス系のミッション・スクール。制服はフランスの軍服をモデルにしていて、フランス語教育が行われ、校内をフランス人の修道士が闊歩していて、フランス人の大好きなサッカーが生徒に奨励されていた。“女人禁制のキリスト教的楽園”に7歳から18歳の年まで通った経験は、やはりかなり特殊である。そのことと別に関係ないのかもしれないが、一見おとなしそうで、実はこだわりが深く、わがままな、唯我独尊的な男の子が多かった気がする。遊び人の学校とも呼ばれていたが、むべなるかな。社会に出てから、その頃の友達に偶々(たまたま)ちらとでも会うと、何だかホッとする。少数派という自覚に呪縛されているせいだろう。
 山口桂くんもそのひとり。同じ学年だ。付属の幼稚園から上がってきていたので、私よりも男子の園で年季を積んでいる。小学校のうちから背も高いし、既に今とあまり変わらぬ風貌だった。それから時を経た。山口くんは、世界をまたにかける美術品オークションの大会社、クリスティーズで重きをなしている。しかも日本美術が専門だ。お父上が浮世絵研究の大人物だったから、なるほどと思う。しかし、少年時代の山口くんにそんな雰囲気はなかったとも思う。母校の基調は西洋かぶれ! でも、だからこそ東洋に過激に反転する人も出る。山口くんはそういう極上の例だ。専門領域にこだわり縛られる学者や評論家でなく、今を生きながら、あらゆる美術品の時価をはじき出すオークションスペシャリストになったところが、またいい。本書を見よ! 雪舟から杉本博司まで。縄文土器から1980年代生まれの美術・工芸家まで。こんなに自由で幅広で、しかも独自目線の漲(みなぎ)っている日本美術ガイドに触れたことがない。真の遊び人に乾杯! 

片山杜秀
かたやま・もりひで●政治学者、音楽評論家

青春と読書
2022年12月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

集英社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加