女性の視点で浮世絵師・写楽の誕生から消滅までを活写した時代小説『写楽女』の読みどころ

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写楽女

『写楽女』

著者
森 明日香 [著]
出版社
角川春樹事務所
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784758414319
発売日
2022/10/14
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

ストーリーの積み重ねの果てに垣間見える、作家としての大切な才能

[レビュアー] 細谷正充(文芸評論家)

第14回角川春樹小説賞を受賞し、デビューした森明日香さん。受賞作『写楽女』の魅力と、作者の才能を、文芸評論家の細谷正充さんが解説する。

 ***

 優れた作家を輩出している角川春樹小説賞が、第十四回となる今年も、大いに期待できる新人を選出した。『写楽女』で受賞した森明日香だ。タイトルから分かるように、浮世絵師の東洲斎写楽を題材にした秀作である。

 東洲斎写楽の正体が諸説紛々とし、謎の浮世絵師といわれたのは、すでに過去のことである。現在では、阿波徳島藩主蜂須賀家のお抱えの能役者・斎藤十郎兵衛で、ほぼ確定している。写楽を扱った作品は今でも書かれているが、この正体を踏まえたうえで、新たな写楽像を打ち出した物語が主流となっている。

 だが小説とは自由なもの。あえて写楽の正体に新説を唱えた作品もある。これはどちらが正しいという問題ではない。内容が面白ければ何でもいいのだ。そして作者は、どちらを選択したのであろうか。

 物語の主人公は、日本橋通油町にある地本問屋「耕書堂」で、女中をしているお駒だ。ある日、女中頭のおみちから買い物を頼まれたお駒は、鉄蔵という幼馴染と二十年ぶりに再会する。昔から絵の好きだった鉄蔵は、今では勝川春朗の名で絵師をしており、「耕書堂」の世話にもなっていた。

 買い物から帰ったお駒は、「耕書堂」の主人の蔦屋重三郎と、彼が見つけてきた新たな絵師に料理を出した。その場で写楽と名付けられた絵師は、無口で大人しそうな男だ。重三郎は、そんな写楽に役者絵を描かせて売り出した。しかし、写楽の絵が話題になったのは最初だけだ。それでも写楽を売りたい重三郎は、鉄蔵や「耕書堂」の食客の余七を“蔦屋組写楽工房”の職人として雇い入れる。料理を気に入られたことで写楽の相手をすることの多かったお駒も、その一員として写楽のために働くのだった。

三十過ぎのお駒は、酒を飲んでは暴力をふるう夫と縁を切り、流れ流れて「耕書堂」に居ついた。暴力の記憶や、子供を持てなかったことに、今も苦しい想いを抱いている。そんな女性の視点で、写楽の誕生から消滅までを活写したところが、本書の読みどころだ。鉄蔵や余七、あるいは途中でちらりと登場して辛辣な言葉を吐く瑣吉は、後に別の名前で有名になる実在人物である。ただし本書の時点では、まだ何者でもない。そこに、彗星のように現れたのが写楽だ。写楽の圧倒的な才能を間近で見ることになった鉄蔵と余七は、やがて本当に自分が描きたい(書きたい)ものに気づき、工房を抜ける。

 一方、写楽は写楽で悩みは尽きない。絵師といっても専門的に学んだわけではなく、ただ才能だけで描いている。しかも繊細な神経の持ち主だ。また、徐々に分かってくるが、正体を隠さなければならない訳もある。それでも彼は絵を描きたいのだ。お駒に仕事を引き受けた理由を聞かれ、「永遠に残せるものが欲しくなったからです」と答える場面に、その想いが表現されている。複数の角度から、創作者の内面に切り込む、作者の眼差しは鋭い。

 もちろん主役であるお駒のキャラクターも秀逸だ。苦い過去を忘れられないまま生きていたが、写楽と心を通わせるようになる。さらに工房の一員として絵の手伝いをするようになり、静かに変わっていく。線を引くだけとはいえ、お駒が手伝った写楽の絵は、ふたりの合作といっていいだろう。さまざまな形でしだいに重なっていく、お駒と写楽の心も、本書を読む大きな楽しみになっているのだ。しかも、女中頭のおみちの過去のエピソードや、才能に対する重三郎の悶えるような想いなど、脇役陣の描き方も達者。これがデビュー作とは思えない、完成度の高い、落ち着いた作品なのである。

 なお私は、角川春樹小説賞の下読みで、本作を初めて読んだとき、ある場面と出会って、この作品が受賞するかもしれないと考えた。終盤で、有名な絵師となった鉄蔵がお駒に「みんなが天才だと思ってるわ」といわれ、

「江戸のやつらはそんな風に言ってるのかい。へっ、笑わせらぁ。俺は、生まれつきの天才じゃねえよ。天才に『なった』んだ。意地と執念だけで、ここまでのし上がってきた」

と答えるのである。この“天才に『なった』んだ”というセリフに、背筋がゾクゾクした。ストーリーの積み重ねの果てに、こういう凄いセリフに出会うことこそが、小説の快楽だ。全体の完成度は当然として、胸を刺すセリフを、これぞという場所で披露することができる。作家としての大切な才能を、作者は持っている。だから私は森明日香を、大いに期待できる新人というのだ。

協力:角川春樹事務所

Book Bang編集部
2022年12月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加