『スピノザ 読む人の肖像』國分功一郎著(岩波新書)

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピノザ

『スピノザ』

著者
國分 功一郎 [著]
出版社
岩波書店
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784004319443
発売日
2022/10/24
価格
1,408円(税込)

書籍情報:openBD

『スピノザ 読む人の肖像』國分功一郎著(岩波新書)

[レビュアー] 中島隆博(哲学者・東京大教授)

「意識」軸に思想読み解く

 読むことは実に能動的な行為である。スピノザがデカルトや聖書そしてホッブズを読んで示したのは、テキストに潜む矛盾を剔抉(てっけつ)するだけではなく、より整合的な解釈を示し、テキストが語るよりもよりうまく語り直すことであった。

 たとえばデカルトに関しては、「私は考える、故に私は存在する」というコギト命題の矛盾をスピノザは指摘する。それは、「考えるためには存在しなければならない」という大前提が省略された三段論法であって、すべての認識の出発点であるべきコギト命題に先行するものがあることになり、このままではデカルト哲学は崩壊してしまう。

 それを救うためにスピノザは、「私は考えつつ存在する」というより整合的な命題を出してくるのだ。

 重要なことは、この読むという行為を、著者自身がスピノザに仕掛けているということだ。その白眉とも言えるものが、『エチカ』におけるスピノザの「意識」を取り上げ、それをより整合的に解釈しようとした点である。これまでスピノザ論はジル・ドゥルーズの解釈が大きな枠組みとして機能していた。ところがドゥルーズの解釈は、「意識の概念を過度に貶(おとし)めていたように思われる」と著者は指摘する。その代わりに、著者は、自分の師でもあるエティエンヌ・バリバールの議論を導入しつつ、「意識」をその読解の軸に据えた。

 それは、人間の本質に「意識を伴った衝動」としての「欲望」を見ることで、「意識」を人間の本質に含めただけでなく、その「意識」が「理性」を経由することで、「最も優れた認識」である「直観知」となり、「意識は自由をもたらしうる」と理解することであったのだ。

 その上で、著者は、女性が本性的に無力であるために政治から除外されるという『国家論』の最後の言葉を取り上げ、「力に注目するスピノザ哲学の弱点」とまで指摘する。ただし、それは「私に代わって民主国家を論じてくれ」という呼びかけに応じることに繋(つな)がらなければならない。著者渾身(こんしん)の一作である。

読売新聞
2022年12月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加