「スラムダンク奨学金」が育んできた、アメリカに渡りバスケットボールと向き合う選手たちの今

インタビュー

19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スラムダンク奨学生インタビュー その先の世界へ

『スラムダンク奨学生インタビュー その先の世界へ』

著者
宮地 陽子 [著]/伊藤 亮 [著]
出版社
集英社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784087901016
発売日
2023/01/26
価格
1,815円(税込)

書籍情報:openBD

[談話] バスケットボールとひたむきに向き合った選手を振り返る

[文] 増子信一(編集者)

バスケットボールとひたむきに向き合った選手を振り返る

 
 

高校を卒業後、大学あるいはプロを目指しアメリカで競技を続ける意志と能力を持ちながら、経済的その他の理由でその夢をかなえられない若い選手を支援するべく設立された「スラムダンク奨学金」。本誌では、同奨学金を獲得してアメリカへ留学した14名の選手へのインタビューを連載した(2020年5月号~21年6月号)。
本連載をまとめた単行本『スラムダンク奨学生インタビュー その先の世界へ』が刊行されるのを記念して、各インタビューを担当したライターの宮地陽子(みやじようこ)さんと伊藤亮(いとうりよう)さんのお二人に、第1回から順に全14選手の人柄を振り返ると共に、連載では書ききれなかったエピソードなどを語っていただいた。

サウスケントスクールの体育館
サウスケントスクールの体育館

#1 並里成(なみざとなりと)さん 第1期生

伊藤 並里さんで印象的なのは、すごくやんちゃだったということです。連載でも書きましたが、アメリカへ留学したときにロッカールームで頭にリンゴをぶつけられ喧嘩する。何もかも初めての第1期生がアメリカでいきなりそんなことできるものなのか。普通ならちょっと萎縮すると思うのですが、生来のやんちゃな性格をそのまま出せるというのはすごい。
 それでいてプレーはすごく楽しそうで、並里さんを見ているとみんなバスケットが好きになるような、予想できない面白いプレーをするんです。そのギャップというか、二面性みたいなところが魅力だと思います。
 アメリカで自分にとっていかにバスケットが大事な存在かを知った。だから「バスケットが好き」というのを表現できるのが並里さんなのではないでしょうか。

#2 酒井達晶(さかいたつあき)さん 第9期生

宮地 酒井選手はどこでもキャプテンをやってきたリーダーシップがあります。あとは忠誠心が強い人ですね。高校へ進むときに他県の強豪校からの勧誘を断って、バスケットボール部が新設されたばかりの地元の高校に進んだ。地元で、自分の手で強いチームを作りたかったんですね。地元への強いこだわりや、自分が属しているものへの忠誠心があるんです。アメリカでも、夏の間だけ行ったフロリダにあるIMGアカデミーから「うちへ来ないか」と誘いを受けて、第8期生の猪狩(渉)選手は同じように勧誘されてIMGアカデミーへ行ったのですが、酒井選手は断っています。
 セントトーマスモアに戻って、IMGアカデミーとの試合があったのですが、その試合に彼は出られなかった。IMGアカデミーの選手たちから、「うちに残っていればよかったのに」と言われて悔し涙を流したというのは、印象的なエピソードでした。そんな悔しい思いをしながら、努力し続けて後にスターターになった、努力家です。

セントトーマスモア校に隣接する湖の砂浜
セントトーマスモア校に隣接する湖の砂浜

#3 山崎稜(やまざきりよう)さん 第4期生

伊藤 山崎さんはおとなしくて、取材時も選手たちと並んでいる一番端っこで静かに座っていたのが印象的でした。スポーツ選手というより、おとなしい文学青年みたいな佇まいなんですけど、いざプレーが始まると、チームの中の欠かせない選手として存在感を発揮するという、あまり見たことのないタイプでした。
 御本人もマイペースと言っていましたが、そのことをアメリカで自覚できたのが大きかった。どこに行っても、どんなときも自分が変わらない。つまり、どんな場所でも常に力を発揮できるんです。
 でも、最近のBリーグでの試合を見ていると、結構気持ちが表に出ているようで、それまでのマイペースでおとなしかった感じが、ちょっと変わってきているように見受けられるんですよね。

#4 鍵冨太雅(かぎとみたいが)さん 第10期生

宮地 鍵冨選手はアメリカ育ち。小学生の時にNYの強豪クラブチームで本場のバスケを経験している。親の転勤で帰国してからも、早くアメリカに戻りたくて、本当は高校からアメリカへ行きたかったそうです。
 だから、彼にとってスラムダンク奨学金は、自分の原点に戻るための足がかりであって、みんなが苦労する英語もまったく問題がない。そこがほかの奨学生とは全然違ったところですね。
 これは原稿に入らなかった話なのですが、彼は高校のときに試合の後にみんながおにぎりを食べるのが信じられなかったそうです。アメリカで、試合が終わった後にピザを食べて育ったので。試合後の食事だけでなく、日本よりアメリカでの生活のほうが自分に合うとも言っていました。
 はたから見ると勉強もバスケも優秀なんですけれど、自分ではどちらもどこか中途半端に感じていて、それを真剣に悩んでいました。彼なりの悩みがあり、真剣に悩んだからこそ成長があったのだと思います。

#5 ホール百音(もね)アレックスさん 第11期生

伊藤 アレックスさんは若々しい見かけによらず低い声でゆっくり語る、意外と物静かな方なんです。小学生時代はサッカーで全国レベルの有力選手で、バスケを始めたのは中学校からと遅く、とんでもない潜在能力を持ちつつ、経験が浅いことで自信がないように見られていたことにすごく悩んでいました。
 ただ、アメリカに行ってから考える時間が増えたことが転機になったと言っていました。セントトーマスモアの校内にある湖のほとりで音楽を聴いていたと書きましたが、寝る前にも日本の歌をよく聴いていたそうです。しかも和田アキ子といった自分が生まれる前に流行した曲を聴いていたらしい。その意外なチョイスにすごく人柄が出ています。
 それに、自信を持てたきっかけになったのが、試合で大きな結果を出したことではなく、練習中のワンプレーだったというのは、当時、彼がいかに神経を張り巡らせて自分と向き合っていたのかがよくわかるエピソードでした。



#6 猪狩渉(いがりわたる)さん 第8期生

宮地 猪狩選手はスラムダンク奨学金に応募したきっかけのエピソードが面白かったです。インターハイ出場のために泊まっていた大分のホテルの大浴場で、当時山形南高校三年生だった村上駿斗選手(第7期生)と会って、「俺はスラムダンク奨学金でアメリカに行くよ。だからお前も来いよ」と誘われて、その気になったそうです。
 夏にIMGアカデミーのサマーキャンプに行ったときに勧誘されて、スラムダンク奨学金で用意してたプレップスクール(サウスケント)に戻らずにIMGアカデミーに残ったり、作られたレールの上を当たり前に進むのではなく、自分独自の道を積極的に選ぶタイプだと感じました。
 そういうアグレッシブな姿勢がある一方で、すごく礼儀正しいんです。彼を初めて取材したのはコネチカットの空港だったんですけど、私が着陸したと連絡したら、すでに空港にいた彼は、わざわざゲートの前まで迎えに来てくれた。いつ会っても丁寧に挨拶してくれたり、とても礼儀正しい人ですね。

#7 谷口大智(たにぐちだいち)さん 第2期生

伊藤 谷口さんは、身長二〇一㎝という巨漢ですけれど、取材時は練習の合間にチームメイトにいじられて、笑顔で返してました。愛されキャラなんだなというのは、見ていてすぐ分かりました。体は大きいんですけど、めちゃめちゃ優しい。
 そしてチーム内だけじゃなくて、老若男女問わず、ファンの人たちからも愛されてるんです。サウスケントで55番という背番号をもらってから今までずっとつけてるんですけど、今年移籍した島根でも55番。それを見ても、アメリカで我慢し続けてゆっくり自分を見つけていった経験をずっと忘れないようにしてるんだろうというのが伝わってきます。

#8 小林良(こばやしりよう)さん 第11期生

宮地 実は小林選手とは、小学生のときに一度ロサンゼルスで会ったことがあるんです。将来アメリカに留学するための視察だったそうです。話をして、しっかりした小学生だなと思ったのを覚えています。
 そのときにいっしょに来ていたユースチームのコーチから、12歳のときに「いっしょに夢を見ないか? NBAを目指してみないか? 」と言われて、「やりたいです」と即答。そのときから今に至るまでNBAという目標、夢に向かって、自分が何をしたらいいかというのをずっと突き詰めてきたんですね。NBAに入るためには何歳までに何をしたらいいのかという逆年表を作って、自分の進む道を計画的に決めていた。スラムダンク奨学金もそのための道筋。
 奨学金を得て進学したディビジョンⅡの大学1年のときにNCAAトーナメント出場権を獲得するんですが、一回戦の前日にコロナ禍に遭って中止になったり、そういったうまくいかないことをどうやっていい方向に変えるかを真剣に考えている。考えの芯は今でもぶれてないです。

#9 村上駿斗(むらかみしゆんと)さん 第7期生

伊藤 村上さんは、初めてディビジョンⅠの大学に行けるのではと期待されるほど文武両道を実践したんですけど、あとちょっとのところで行けなかった。でも、勉強の仕方も、バスケットの練習も無駄がない。それはすごい才能ですよね。
 原稿には書かなかった話ですが、チームに溶け込もうとするとき、最初はどうしてもなめられてしまう。相手のジョークは分かっていても、やはり日本とは違ってきつく感じる。でもそこで殺気立っちゃうと、距離が縮まるどころか逆に開いてしまう。でも振られたことに対して、軽く受けるようにすれば、一気に距離も縮まるし、輪の中に入っていきやすい。かつ英語も覚えられる、と。
 そういう要領のよさはすごく感じました。受け身になるのではなくあくまで自発的になるという姿勢でチームに溶け込んでいった。彼の強さを垣間見られるエピソードでした。

#10 矢代雪次郎(やしろゆきじろう)さん 第3期生

伊藤 矢代さんは3期生ですが、1期、2期は全国レベルの選手たちが選ばれたのに、無名な自分が選ばれたことをずっと気にしていました。ここで自分が全く評価されないような結果に終わったら情けないし、悔しい。そうはなりたくないという劣等感、反骨心でやってきたんです。
 シーズン直前に大怪我をして苦しむ一方、なんとかできることをと、ディフェンスに可能性を見出す。体も鍛えまくって、だんだん評価を上げていくのですが、アメリカで経験した苦しみが日本に帰ってきてからも続いているような状態。自分が思ったような結果がまだ出せていない中での葛藤に共感できる人は多いと思います。
 でも、そうした悔しさを日々飲み込みながらも、決して折れない強さを秘めている。応援せずにはいられない人柄で、この先、強さが花開く瞬間を見たいです。

#11 山木泰斗(やまきひろと)さん 第6期生

伊藤 山木さんは、インタビューの取れ高はほかの方々と同じなんですけど、それを取るまでに時間が倍かかりました。すごくゆっくり間を開けながら話すのが印象的です。
 みんな彼のことをひょうひょうとしていると言うらしいのですが、たしかにその通りで、何事にもまったく動じない性格が強みだと思います。結局、留学中は怪我もあってうまくいかず、一度日本へ帰って、怪我を治しつつ勉強してもう一度渡米して大学に入り直すんですけど、そこから大活躍する。理屈では説明できない力を持っている人です。
 帰国後はBリーグのチームで通訳をして、今は3×3(スリーエックススリー)のチームでプレーしていますが、思いっ切りプレーしている姿を見てみたいです。

#12 木村圭吾(きむらけいご)さん 第12期生

宮地 木村選手は、一見おっとりしているように見えて、その実、内に燃え滾たぎるものを持っている人です。ミニバス、中学、高校と、いつも強豪チームを選んでいるのですけれど、勝ちたいというより、うまい人達の中に入って、自分もうまくなりたいという気持ちが強かったそうです。
 アメリカ留学もその延長線上にあって、元々は高校から留学したくて、アメリカ留学していた富樫勇樹選手のことを自分で調べたりしたそうです。
 それだけ留学に意欲的だったのに、コロナ禍で本来の留学期間より早く帰国しなくてはいけなくて大学探しに苦労したり、大学でもシーズンが中断したりと、最後までコロナ禍に翻弄されてしまったのは気の毒でした。去年、帰国してBリーグ入りした理由が「とにかくプレーしたかった」だったところに、その苦労がうかがえました。

#13 モサク オルワダミロラ 雄太(ゆうた)ジョセフさん 第13期生

宮地 彼の第一印象は「名前が長い」。なので、取材はその名前の由来をじっくり聞くところから始めました。お父さんがナイジェリア出身の方でお母さんは日本人の方。ニューヨークに父親の親戚がいたり、アメリカと日本とナイジェリアというインターナショナルな生い立ちが名前にも詰まっているのがわかりました。
 選手としては練習熱心で、向上心が強い。昔からいくつものチームに入って練習したり、大人といっしょに自主練したり。40年以上コーチをしてきたセントトーマスモアのジェリー・クインコーチも、「今まで見てきた中で一番練習熱心」と言っていたことからも、どれだけ努力家かがわかります。
 身体能力がとても高くて、バスケットにすごく真剣なんです。バスケットをするためにアメリカに行って、バスケットをするために日本に戻ってきて、バスケットをするためにスラムダンク奨学金でまたアメリカに行ったという、面白い経歴の選手ですね。

#14 須藤(すどう)タイレル拓(たく)さん 第13期生

宮地 彼は、私がインタビューした中で一番自分をさらけ出してくれた人ですね。家族思いで優しい性格。お父さんが亡くなって以来、母一人子一人で育ってきたので、お母さんをすごく大切にしています。亡くなったお父さんはアメリカの方で、日本ではクラブなどで歌手活動していたそうですが、そのお父さんとの思い出もとても大切にしていて、彼も第二の人生は歌手になることが決まっていると言っていました。一度、彼のSNSアカウントに歌っているところが投稿されていたことがあったのですが、本当にうまかったです。
 ガードの選手としては、アメリカに行くと身長は特に高いわけではないですけれど、手が長くて運動能力が高い。その点では、セントトーマスモアでも突出していました。コロナ禍で大学コーチに直接見てもらう機会が少なくて不利だったので、ディビジョンⅠの大学に行くためにもう一年セントトーマスモアに残り、二年目にオファーを三つもらった実力者。スラムダンク奨学生の中では初のディビジョンⅠ奨学金獲得で、今後の成長も楽しみです。でも、その能力以上に印象的だったのは、やはり、すごく優しくて家族思いのところですね。

(談)

宮地陽子
みやじ・ようこ

伊藤 亮
いとう・りょう

構成=増子信一 写真=伊藤 亮/宮地陽子/和田篤志/Charles Milikin Jr/スラムダンク奨学金事務局

青春と読書
2023年1月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

集英社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加