40代で「セミリタイア」東京から地方移住しネットと決別した男性の「捨て去る技術」とは?

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捨て去る技術 40代からのセミリタイア

『捨て去る技術 40代からのセミリタイア』

著者
中川 淳一郎 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784797681161
発売日
2023/02/07
価格
1,023円(税込)

書籍情報:openBD

変えるより変わる「決別」のドキュメント

[レビュアー] 碓井広義(メディア文化評論家)

 中川淳一郎『捨て去る技術 40代からのセミリタイア』のテーマは、様々なものとの「決別」である。ただし、「誰もがこうすべきだ」と説くわけではない。「私はこう考え、こう実行した」という報告であり、同時進行ドキュメントだ。

 東京でネットニュース編集者として活躍していた著者は、2020年11月に「セミリタイア」を宣言して佐賀県唐津市に引っ越した。それは単なる移住ではなく、「負担の少ない人生を送るための決別」だった。

 まず元々の専門分野であるインターネットを捨て去った。ネットはあくまでも「ツール」として使うのが賢い。一定の距離を置くことで「炎上・裁判・メンタル悪化」を回避し、「有意義な時間」を創出することができると言う。

 次にマスクが象徴するコロナ社会だ。国民が選んだ政治家ではなく、選んでもいない「専門家」が権力を握る、いびつな構造。「感染症撲滅」を夢見て国民に犠牲を強いる社会への決別だ。しかも自分の頭で考えない人々は、それを「犠牲」だと自覚していない。

 さらに都会とも決別する。人間関係をリセットでき、異なる価値観と出会う。地方には大抵のものが揃っている上、混雑はない。そんなメリットだけでなく、東京に陣取る大メディアが「空気」を作る日本では、全体主義は都会から始まることを痛感したと著者。

 大切なのは自分の快適な人生であり、「他人を変えるより、自分が変わる方が圧倒的に簡単」は至言だ。

新潮社 週刊新潮
2023年3月16日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加