【児童書】『パフィン島の灯台守』マイケル・モーパーゴ作 ベンジー・デイヴィス絵 佐藤見果夢訳

レビュー

  • シェア
  • ツイート
  • ブックマーク

【児童書】『パフィン島の灯台守』マイケル・モーパーゴ作 ベンジー・デイヴィス絵 佐藤見果夢訳

[レビュアー] 産経新聞社

海の難所である英国南西部のシリー諸島。ある嵐の夜、沈んだ船の乗客たちを助けてくれたのが、寡黙な老灯台守ベンだった。救助された5歳の少年アランは彼の不器用な優しさが忘れられず、ベンからもらった絵を心の支えに、つらい寄宿学校生活を耐え抜く。成長したアランはベンのもとに赴き、傷ついた1羽のパフィン(ウミスズメの一種)を看病しながら一緒に暮らすが、やがて第二次大戦が始まり…。

『戦火の馬』で知られる英作家による、年の差を超えた友情を見事に描く読み物。(評論社・1650円)

産経新聞
2023年4月23日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • シェア
  • ツイート
  • ブックマーク