<書評>『ライク・ア・ローリングカセット カセットテープと私 インタビューズ61』湯浅学 著

レビュー

  • シェア
  • ツイート
  • ブックマーク

<書評>『ライク・ア・ローリングカセット カセットテープと私 インタビューズ61』湯浅学 著

◆人の姿膨らむ生態記録

 地球が回るのを見たことはないが、音楽が回るのにはよく触れた。レコード盤、カセット、CDまでか。iPod以降は物体の回転がなくなって、ときに五感が寂しがる。とはいえ、アメリカでは広い地域でいまもカセットが現役であると編集者・写真家の都築響一が本書で語るように、わたしの母がカラオケを練習するのもいまだカセットだ。灯台下暗し。

 音楽評論家の湯浅学によるインタビュー集は、消えゆくメディアへの懐古趣味ではなく、人とカセットとの生態記録である。各人が持ち寄ったカセットから花開くのは、思い出話にとどまらない。元大関・増位山太志郎は「かたち」をつかみ、長与千種はプロレスの試合で一万の「泣き声」を聴き分け、漫画家・杉作J太郎には「自分」が返され、シンガー・ソングライターの折坂悠太は妻の声から「作為」について思い巡らす。小箱から世界の不可思議があふれてやまない。

 息を吹きこみ、息吹を再生する。磁気テープがノイズをふくんで音像を広げるように、本書のもとに人の姿が膨らむ。

(小学館・2750円)

1957年生まれ。音楽評論家。バンド「湯浅湾」リーダー。

◆もう1冊

『花に舞う・日本遊民伝 深沢七郎音楽小説選』深沢七郎著(講談社文芸文庫)

中日新聞 東京新聞
2023年5月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

中日新聞 東京新聞

  • シェア
  • ツイート
  • ブックマーク