月曜日がつらい人でも、人生が好転し、もう人間関係に悩まなくなる特効薬メソッド

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

しんどい月曜の朝がラクになる本

『しんどい月曜の朝がラクになる本』

著者
佐藤康行 [著]
出版社
サンマーク出版
ジャンル
社会科学/社会科学総記
ISBN
9784763141095
発売日
2024/02/27
価格
1,760円(税込)

書籍情報:JPO出版情報登録センター
※書籍情報の無断転載を禁じます

【毎日書評】月曜日がつらい人でも、人生が好転し、もう人間関係に悩まなくなる特効薬メソッド

[レビュアー] 印南敦史(作家、書評家)

しんどい月曜の朝がラクになる本』(佐藤康行 著、サンマーク出版)の冒頭には、次のような問いかけが登場します。ちなみにここでいう日曜日とは、自分にとっての休日・休暇を意味するようです。

Q.あなたの人生、どちらになったらいいですか?

①毎日ずっと日曜日

②毎日ずっと月曜日

(「プロローグ」より)

もしも答えが「①毎日ずっと日曜日」だとしたら、これからの人生において困難な状況が少なからず存在するだろうと著者は述べています。休日ならば気楽でなにをしていても文句はいわれませんが、遊んでばかりでは収入がなく、生活が困難になっていくからです。それ以前に気力も湧かず、やがて堕落していく可能性も大いにあるでしょう。

一方、月曜日が自分にとって最高にうれしい日で、仕事も絶好調だったとしたら、以後もない日も好調になっていくはず。そこで本書において著者は、すぐに月曜日を好きになれる簡単な方法を明らかにしているのです。

特徴的なのは、月曜の朝が憂うつである原因は人間関係にあるという指摘。人との関わりが心地よく、安心できるものになれば、仕事が続いていく以後の火曜日から金曜日までが楽しくなるということです。

そうなれば、あなたの人生は幸せで喜びに満ちあふれた日々になります。月曜日の朝がラクになることは、あなたが思う以上に、人生に大きな影響を与えます。(「プロローグ」より)

きょうは第3章「心が輝きドバドバ奇跡が起きる」のなかから、いくつかのトピックスを抜き出してみたいと思います。

「美点発見」を習慣化する

著者は本書において、「美点発見」を日常的に行えるようになることを重要視しています。美点発見とは、相手の長所や美点を発見し、それらをノートなどにどんどん書いていくワークだそう。

なお書くだけでも効果があるものの、できれば口に出したほうがいいようです。そうすれば、美点を発見された相手は自信がついてきて、その人が持つ能力をさらに活かせるようになるからです。

ほめるときは無意識のうちに、「あなた、立派だね」というように自分が上に立ってしまいがち。しかし美点発見には、相手への敬意、尊敬が入っており、それが意識を使うポイント。いいかえれば美点発見をするとは、自分の目を養うことなのかもしれません。

人の悩みの多くは人間関係に起因します。人間関係で悩んだり迷ったり、逆に幸せを感じたりします。親子関係、夫婦関係、職場の人間関係、お客さんとの関係……。いろいろありますが、すべて人間関係です。この人間関係が、あらゆることに影響します。

美点発見は、すべての人間関係を円滑・良好にすることのできる魔法なのです。(99ページより)

人間関係は、相手の欠点を見つけて「嫌い」だと感じることからこじれてしまうことが多いもの。

しかし人間関係で重要なのは、相手の欠点に目を向けることではなく、美点を見つけること。つまり先に自分から相手を好きになれば、おのずとその人から好かれるようになるわけです。そしてその結果、人間関係はどんどん広がっていくということです。(98ページより)

発見して伝えるだけ、人間関係の特効薬になる!

人の美点を発見しましょう。

そして相手にも伝えましょう。

そうすれば、そのときから相手もあなたの美点を見るようになります。人とはそういう存在なのです。情報も仕事もお金も、運んできてくれるのは人です。人間関係を良くする美点発見は、究極の引き寄せにもなります。(100ページより)

だからこそ美点発見は、日常のすべてを幸せに、豊かに、楽しくする手段なのだと著者は強調しています。美点発見を続けて人の美点を見抜く目を養い、相手の素晴らしい部分を見つけられるようになると、その相手は“美点のかたまり”のような存在になるのだとも。

あなたが相手の素晴らしさを心から感じると、あなたの意識に変化が現れ、あなたが発するエネルギーも変わっていきます。(101ページより)

その結果、出会ったすべての相手が元気になり、やる気が出るようになるのだといいます。つまりは美点発見によって、コミュニケーションに好循環が生まれるということなのでしょう。(100ページより)

いままでとまったく違う自分を発見する

美点は書きながら発見していきます。たくさん書いてください。

「もう、これ以上はない!」と思っても、そこからが出発です。そのときがスタートラインだという気持ちで、さらに発見していきます。

書き出せるうちは、手を止めないで思いつくままに書いてください。内容が正しいか間違っているかを気にする必要はありません。ポイントは、たくさん書くことです。発見した美点を味わうように書いてみてください。「あの人はここが素晴らしい」「あんないいところがある」と一つひとつかみしめます。

そのうちにきっと、新たな発見があるでしょう。それは、今までと全く違うあなた自身を発見する、ということです。(102〜103ページより)

書く際には、簡潔なことばにすることが大切であるようです。文章だと説明口調になったり、理屈っぽくもなりがち。しかし、短い簡潔なことばや単語ひとつだけでもOK。ひとことに集約すれば、「こういういいところがある」「ああいういいところがある」というように、だいたいのことはわかるものだそう。

美点発見で大事なことは、美点のバリエーションではありません。重要なことは、心の底から「本当にそうだな」と思うことなのです。(101ページより)

したがって自分の気持ちと素直に向き合えば、おのずと相手の美点が見えてくるのでしょう。(102ページより)

本書の根底にある目的は「人間関係をよくすること」ですが、著者によれば、実際に紹介されているのは「人生のあらゆる面が好転していくメソッド」。

つまりそのメソッドを活用すれば、周囲から嫌いな人はいなくなり、大好きな人たちに囲まれた人生になるということです。月曜日にはどうしても気分が重くなるという方は、手にとってみてはいかがでしょうか?

Source: サンマーク出版

メディアジーン lifehacker
2024年3月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

メディアジーン

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク