『柚木沙弥郎 美しい本の仕事』柚木沙弥郎著/小林真理編著

レビュー

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク

柚木沙弥郎 美しい本の仕事

『柚木沙弥郎 美しい本の仕事』

著者
柚木沙弥郎 [著]/小林真理 [著]
出版社
パイ インターナショナル
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784756257598
発売日
2024/02/22
価格
3,080円(税込)

書籍情報:JPO出版情報登録センター
※書籍情報の無断転載を禁じます

『柚木沙弥郎 美しい本の仕事』柚木沙弥郎著/小林真理編著

[レビュアー] 鵜飼哲夫(読売新聞編集委員)

 美の仕事師には、年を重ねていよいよ自由になる人が目立つ。葛飾北斎の「富嶽三十六景」制作は70代、マティスが切り絵に取り組み始めたのも70代だった。

 「いつからはじめたっていいんだよ。僕だって物心ついたのは80歳になってからなんだから」――。この言葉を残し、この1月に101歳で死去した柚木沙弥郎さんもその一人だ。

 芹沢●介に師事、柳宗悦ら民芸運動の推進者と若き日に交流した柚木の肩書は型染めの染色家だが、ワクワクする面白さを求めて版画、ガラス絵、人形制作など表現を広げ、絵本制作は70代に始めた。

 本書は、その絵本の仕事や装(そう)幀(てい)、ポスターを中心に、型破りのように見えながら、大胆な色づかいと形で新たなハーモニーを奏でる作品を並べる。そのみずみずしさには心が弾む。(パイ インターナショナル、3080円)

読売新聞
2024年5月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • シェア
  • ポスト
  • ブックマーク