プロフィール

  • 貫井徳郎(作家) 0

    1968(昭和43)年、東京生れ。早稲田大学卒。1993(平成5)年、鮎川哲也賞の最終候補作『慟哭』でデビュー。本格ミステリーとしてのトリックを執筆の中心に据えながら、さまざまな分野や手法に挑んだ意欲的な作品を、次々と発表している。2010年、『乱反射』で日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を受賞。ほかに『迷宮遡行』『空白の叫び』『夜想』『愚行録』『新月譚』『微笑む人』『ドミノ倒し』『北天の馬たち』などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加