砂漠

落雷はすべてキス

更新

人がすべてを愛したらあっという間にすべては砂のように崩れていって、きみだけが取り残された、最後にきみの前で砂になったのは誰も奏でることができなくなった無数の楽器たちで、きみはずっとなにも弾くことができなかったことをそこで初めて後悔した、ずっと友達を作らなかったことをそこで初めて後悔した、たとえどんなにたくさんの人に好かれていたとしても、きみがだれか一人だけを愛していなければ、だれもあの世には連れていかない、だれもきみの手を引く勇気を持てない、みんなきみが好きだから。寝転んで見た夜空が、たぶん、これまで見たものの中で一番きれいだ。だれにも恋をしなかった人生を、誇ってほしいとみんなきみに思っている。