予約の取れない心理カウンセラーが教える! 心の地雷を踏んだときのコツ――「あ、言っちゃった!?」と焦らなくても、大丈夫

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.10.18_16
(photo by acworks/photoAC)

何気ない一言やよかれと思ってした行動が、まさに相手の「心の地雷を踏む」ことがあります。「そんなつもりじゃなかったのに」と焦っても後の祭り。相手を怒らせてしまったり、関係がギクシャクしてしまったり……。何が正解だったのかと、困ってしまう人が多いはずです。

予約の取れない心理カウンセラーとして有名な根本裕幸氏は、そのような悩みを持つ人へ、「地雷を踏まないような生き方」ではなく、「地雷を踏んでしまっても大丈夫な人になる」ことが大切だとアドバイスしています。

根本先生の著書、『心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ』より、人間関係がラクになるヒントを見てみてみましょう。

気づかないうちに、相手を怒らせてしまうのはなぜ?

私たちはみな、心の中に「パーソナルスペース」を持っており、その中に他人が入ってくると、違和感や嫌悪感を覚えます。

わかりやすく言えば「心の縄張り」であり、お互いの心理的な距離にも当てはまります。人によって、同じ言葉でも「なんでそんなことを言うの?」と傷ついたり、腹が立ってしまうのもそのためです。

気づかないうちに相手を怒らせてしまいがちな人は、不用意に自分と相手との間にある、心のパーソナルスペースに入り込んでしまっているからかもしれません。

もちろん、パーソナルスペースをきちんと把握し、発言内容に気をつける、いわゆる空気を読むことで心の地雷を踏まないことは可能です。しかし、いくら地雷を踏まない(怒らせない)ように細心の注意を払ったところで、人によって物事の感じ方が違うので100%相手を怒らせない人生を歩むことは不可能といえます。

怒らせないようにするのは難しい!

「落とさないように注意していたのに、高価な置物を落としてしまった」「テレビを見ないで勉強をしようと思えば思うほど、テレビを消せない」。

このような経験には、「タブー(禁忌)の心理」が働いているそうです。別名「○○しないようにしようは○○してしまう法則」とも呼ばれています。

これは「人を怒らせない」と気をつけている時も同じです。

「怒らせないようにしなければ」いう不安を持つと、その不安に意識が集中し、そのことばかりを考えるようになってしまいます。すると潜在意識がどんどん怒らせるほうにフォーカスしていき、かえって相手の新たな怒りを引き寄せてしまう結果になるのです。

たとえば、余計な一言が多くて、周りの人の怒りを買ってしまう人が「余計なことを言わないように注意しよう」と意識するとします。しかし、自分の言葉のどれが、相手を怒らせてしまう余計な一言なのかがわかりません。

意識すればするほど、すべてが「余計な一言」に思えて、発言するのが怖くなってしまいます。すると今度は「言葉足らず」になってしまい、次は周りから「で、結論は?」「意見をきちんと言って」と怒られることに……。

これでは人間関係がよくならないばかりか、自分自身も意識のしすぎで疲れてしまうという悪循環に陥ります。

そこで根本先生がすすめするのは、自分の欠点を「あらかじめ宣言してしまう」こと。そして怒らせてしまったときに効果的な謝り方をトレーニングすることです。

日本実業出版社
2016年10月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。

関連ニュース