女性版「オレ様」になっていませんか? 誰からも一目置かれる「凛とした女性」とは

ニュース

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

photo by 灘伏見/photoAC
photo by 灘伏見/photoAC

テレビや雑誌、新聞などで、女性を称賛するときに「凛とした」という表現に接したことはあるでしょう。竹のように、しなやかで筋もきちんと通っている――。おそらく、そうした女性を指しているのかもしれませんが、少々抽象的な表現ともいえます。

「凛とした女性」とは、具体的にはどういう女性のことを指すのか。なぜ、「凛とした女性」は称賛に値するのか。ベストセラー作家・中谷彰宏さんの新刊『凛とした女性がしている63のこと』の中から、そのヒントを探っていくことにします。

自分より「上の人」と比べる

以前の日本家屋は、「クーラーがないので夏場は窓を開けっぱなし」「道を歩いている人から、庭と縁側を通して居間が見える」など、家の中が、“筒抜け・丸見え”のようなところがありました。これは、「プライバシーを保てない」という不便さがある反面、「誰に見られているかわからないので、きちんと生活する」という姿勢にもつながっていました。

ところが、欧米から「子どもも個室をもつ」という文化が入ってから、世の中の流れと生活習慣が少しずつ変わり始めます。「だらしない人」が増えてしまったのです。

あなたは、職場の人と一緒にいるとき、「きちんとしなきゃ」という一線がキープできているでしょうか? たとえば、会社のデスクの上が私物やぬいぐるみでいっぱいの「私のお部屋」状態になっていたり、「あの人より私のほうがまし。だから、私は大丈夫」と、いつも下のレベルの人ばかりを比較対象にしていないでしょうか。

会社は最もパブリックなスペースです。そこで、自分の部屋にいる時と同じようなことをしていれば、あなたは女性版「オレ様」になってしまいます。「自分はまだまだできていない」と、上のレベルにいる素敵な人を見つめるのが「凛とした女性」です。

日本実業出版社
2016年9月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。

関連ニュース