『国道者(こくどうもの)』佐藤健太郎著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国道者

『国道者』

著者
佐藤 健太郎 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103397311
発売日
2015/11/27
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『国道者(こくどうもの)』佐藤健太郎著

[レビュアー] 産経新聞社

 著者は「国道マニア」。〈普通の人はまるで空気のように、その存在に注意を払うことすらない道路〉に〈情熱と時間と手間暇を注ぎ込む〉。北海道から沖縄まで約32万キロを走りながら集めた、道にまつわる面白い話をまとめた。青森県・竜飛崎の「階段国道」や福島県西郷村の「登山道国道」は強烈なビジュアルで、一度登ってみたい(車じゃ無理だけど)。神戸市の「最短国道」174号は全長わずか187.1メートルだ。それぐらいで驚いちゃいけない。「最短県道」は長野県上田市にあって全長7メートル! なぜそうなったかというと…。冬休みのドライブが楽しくなりそう。(新潮社・1300円+税)

産経新聞
2015年12月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加