小泉武夫「江戸っ子、江戸料理、そして『百川』」 『幻の料亭・日本橋「百川」――黒船を饗した江戸料理』刊行記念トーク

イベント

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 江戸時代、日本橋の浮世小路に「百川」という料亭がありました。この店を舞台にした古典落語があるので、名前をご存じの方もいるかもしれません。

 江戸中期の安永の頃に卓袱料理屋として開業し、店のすぐそばに魚河岸があるという地の利を生かして新鮮な魚を使った料理に工夫を凝らすと、またたく間に「八百善」などの一流料亭と肩をならべる存在になりました。

 文化・文政期には、大田南畝、山東京伝、曲亭馬琴といった名だたる文人たちが足繁く通い、文人サロン的な役割を果たします。そして、幕末、黒船が2度目に来航した時には、幕府から、ペリー一行を饗応するための、1人前3両(現在の約30万円)、総額1500両の料理を任されるまでになったのです。

 ところが、明治になって間もなく、そんな名店が忽然と姿を消してしまいます。「百川」に何があったのか……。

 このたび、10月21日に発売される『幻の料亭・日本橋「百川」――黒船を饗した江戸料理』では、小泉武夫さんが、史料として唯一残されている「百川楼仕出し献立」や「大日本古文書」の幕末外国関係文書に記録された豪華な料理や食材を紹介しながら、饗応料理の素晴らしさと、文人たちが活躍した化政文化の醍醐味を描くとともに、謎に包まれた料亭「百川」の真相に迫ります。

 本書の刊行を記念して、小泉さんに「百川」の魅力と、江戸っ子の粋な世界について、食を中心にたっぷり語っていただきます。貴重なこの機会にぜひお集まりください。

*トーク終了後、『幻の料亭・日本橋「百川」――黒船を饗した江戸料理』のサイン会を行います。書籍は会場でも販売いたします。なお、時間の都合上、サインはお一人さま1冊とさせていただきます。

■日時:2016年11月30日(水)19:00~
■会場:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■参加方法:http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01cvm0ygs4y6.html

小泉武夫(こいずみ・たけお)
1943年福島県の酒造家に生まれる。東京農業大学名誉教授。農学博士。専門は発酵学、醸造学、食文化論。特定非営利活動法人発酵文化推進機構理事長。現在、鹿児島大学、琉球大学、別府大学、広島大学大学院の客員教授を務めるかたわら、全国地産地消推進協議会会長(農水省)など、各地の農政アドバイザーとして食に関わるさまざまな活動を展開し、和食の魅力を広く伝えている。また辺境を旅し、世界中の珍味、奇食に挑戦する「食の冒険家」でもある。著書に『不味い!』『発酵は錬金術である』『絶倫食』『猟師の肉は腐らない』(以上、新潮社)、『食あれば楽あり』(日本経済新聞社)、『夕焼け小焼けで陽が昇る』(講談社文庫)など単著で140冊を数える。

2016年10月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース