【手帖】『米中台関係の分析 新現実主義の立場から』河原昌一郎著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米中台関係の分析

『米中台関係の分析』

著者
河原 昌一郎 [著]
出版社
彩流社
ジャンル
歴史・地理/歴史総記
ISBN
9784779121777
発売日
2015/10/07
価格
3,024円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【手帖】『米中台関係の分析 新現実主義の立場から』河原昌一郎著

[レビュアー] 産経新聞社

 台湾をめぐる米中間の確執は、東アジアの国際政治に深刻な影響を及ぼし続けてきた。増大を続ける中国の脅威に対して、アメリカは軍事的にどのように対応するのか-。国家のパワーが作用し合う「国際政治の構造」を理論の中心的概念にする新現実主義の立場から、米中台関係の特色、変化の過程を分析している。(彩流社・2800円+税)

産経新聞
2015年11月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加