江戸時代の通訳官―阿蘭陀通詞の語学と実務 [著]片桐一男

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代の通訳官

『江戸時代の通訳官』

著者
片桐 一男 [著]
出版社
吉川弘文館
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784642034722
発売日
2016/02/26
価格
3,780円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

江戸時代の通訳官―阿蘭陀通詞の語学と実務 [著]片桐一男

[レビュアー] 三浦しをん(作家)

■言葉を武器に、未知に触れる努力

朝日新聞
2016年3月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

朝日新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加